Twitterにて恋愛相談受付中…早速フォローする!

恋愛経験少ないことがコンプレックスの女性に知っておいて欲しいこと

恋愛経験が少ない

こんにちは。バーテンダーのtakumiです。

恋愛経験が少ない、もしくは全くないことに悩んでいる人って男女問わず意外と多いんですよね。

恋愛なんて本来誰かと比べてするものじゃありません。

自分のペースで自分と相手が満足できるやり方で楽しめればそれ以上の正解なんてないはず。

けれどこの社会で恋愛が占める部分ってとても大きくて。

特に女性は恋愛の先の結婚を見据え始めるのも男性より早い傾向にありますよね。

だからより一層、恋愛経験の少なさが今後の人生に大きく関係してしまうと思ってしまうのも無理はありません。

けれどそんなコンプレックスを抱えていても、それが足かせになって前進めないってこともあると思うんです。

そこで本記事では恋愛経験が少ない、まったくないことに悩む女性に向けて筆者がよく話していることをまとめたいと思います。

takumi

「恋愛経験が少ないのがコンプレックスで…」という相談はいままでたくさん受けてきましたが、人によって解決策は微妙に異なります。けれど持つべき心構えみたいなものはそんなに違いはないんですね。

コンプレックスとうまく向き合って素敵な恋愛を手にするきっかけになれれば幸いです。

恋愛経験が少ないことに焦るのではなく急げ

恋愛経験が少ないことに焦ってどうしていいかわからない方はぜひ焦りを急ぎに変えてみてください。

焦るから余計空回りするのであって、急ぐけど焦らないことで的確に目標へ近づくことができるんですよ。

恋愛に焦る気持ちは間違っているわけではない

「私っていい年してほとんど恋愛経験ないな…やばいな、絶望しちゃう。」

そんな風に恋愛の経験値が少ない自分を責めてしまう人は案外多いものです。

経験上、男性よりも女性の方が恋愛というものに対するプライオリティが高く恋愛経験をより気にする方が多い気がしますね。

takumi

男性は肉体関係のアリナシみたいなものを気にする方は多いですが、案外「恋愛経験そのもの」に対する執着は少ないんですよね。

恋愛経験の少なさに悩む女性に対して「恋愛経験のありなしはその人の魅力に関係しない」とか「はじめてだからこそ素敵な人と結ばれるべき」とか正論を言う事は簡単です。

けれど、きっと恋愛にコンプレックスを持つ方はそんなことは重々承知の上で悩んでいらっしゃる。

takumi

そりゃあ誰だってひとつひとつの恋愛は大切にしたいし、本気で挑みたい。恋愛をたくさんしているから人生の勝ち組じゃないことも知っているわけです。

けれども少なくとも今の社会は恋愛経験の少なさを馬鹿にしてくるような、そんな風潮が根付いているからそこにコンプレックスが生まれるんですね。

ですからここでまず言いたいのは恋愛経験の少なさに焦るという感情自体は間違ったものじゃない、ということなんです。

takumi

そこを認めてあげる、そして周りからも認められることで少し安心感が出てくるんじゃないでしょうか。

焦るな、急げ

恋愛経験が少なくて焦るのは仕方のないことなんだけど、結局焦りはいい結果を生まないわけです。

焦れば焦るほど大切なものを見落としてしまうし失敗する確率も高くなる。

特に経験のないことに対して焦ってもつまづくきっかけを増やすだけです。

takumi

これは飲食の現場でもよく言われることなんですが、焦るな急げなんですよね。

焦ったら失敗するからゆっくりマイペースにやればいいのかという話でもないですよね。

前提として「早く恋愛を経験したい」わけだからゆっくりしろっていうのも違います。

そうじゃなくてマインドを焦るから急ぐに変えていくことが大切。

なにが違うのかというと、焦るのは闇雲に頑張ることだけど急ぐというのは明確な目標やそのためにクリアすべき条件をしっかりとこなしていくということです。

takumi

自分の置かれている状況を正確に冷静に理解してなにをすべきか、どういう目標を立てるべきなのかをハッキリさせることで前進むきっかけをつかみましょう。

なぜ今まで恋愛経験がないのかを整理する

「恋愛経験をしたい」という目標に対してどのようにアプローチすればいいのか。

それは「なぜ今まで恋愛経験がなかったのか」を考えれば見えてくるかもしれません。

MEMO
努力しているのに恋愛ができない・・・と悩んでいた方の相談に答えたnoteの記事も参考にしてみてほしいです。
「恋愛できない自分がコンプレックスだからとにかく恋がしたい」(noteより)

そもそも恋愛に興味がなかった

もともと恋愛に興味が薄かったり、他にやりたいことがあった人は恋愛経験も少ないかもしれませんね。

でもそれは決してダメなことではありません。

むしろ今になって恋愛に興味を持ったのなら、新しい趣味をはじめるくらいの気持ちで恋愛に挑めばいいのではないでしょうか?

takumi

経験がないから怖さや焦りもあると思いますが、前向きにチャレンジすればすぐに素敵な出会いがあるかもしれませんよ。

自分に自信がなかった

自分に自信がない人はなかなか恋愛にチャレンジできませんよね。

恋愛は自分と相手をさらけ出していくもの。

その時に自信がないとうまく相手とコミュニケーションがとれず、恋愛に発展するのは難しいからです。

takumi

メイク、ダイエット、ファッションを意識したり、喋り方や所作を整えるだけでも雰囲気は全然違いますよ。

自信をつけろと言われると自信のない人にとってはいっきにハードルが上がるもの。

必ずしも自信がなくても恋愛はできます

けれど最低限恋愛するために必要なこと、たとえば見た目を整えたり異性とコミュニケーションをとれるようにすることは改善しなくてはなりません。

takumi

自信をつける、というよりも男性に興味を持ってもらえる工夫はしていきましょうね。

好きな人ができなかった

そもそも好きな人ができなかったり、男性に対して恐怖心みたいなものがある女性も多いですよね。

好きな男性ができない状態で無理して恋愛してもいいことはないかもしれませんが、興味があるなら積極的に出会いを求めてもいいのではないでしょうか?

自然と出会うなかで好きになるのが難しいのであれば友達の紹介、合コン、マッチングアプリなどで「はじめから出会う気マンマン」の状態から挑むとか。

とにかく意識して男性と会う回数を増やすことで恋愛気分みたいなものを味わうことが大切です。

takumi

恋愛経験がない人ってそもそもどういう状態が恋愛なのかわからなかったりするんですよね。

思っているほど人を好きになるというハードルは高くないかもしれませんよ。

理想が高すぎる

恋愛や恋人に対する理想が高いというのも恋愛経験が少ない要因のひとつです。

理想が高いとお付き合いまで発展することも少なく、良いムードになってもちょっとしたことで幻滅してしまいますよね。

現実の恋愛は少女漫画のように運命的で美しいものではないわけですが、これって経験しないとわかりません。

大体の人は学生時代などの若いうちに「恋愛ってこんなものか」と気づくわけですが、経験がないと気付かないまま大人になってしまいます。

takumi

はじめての彼氏が素敵すぎてひきずっているというケースもありますね。

いずれにしろ自分のなかでの恋愛のハードルを下げなければ嫌なところばかり目について恋愛を楽しむことが難しくなってしまうかもしれませんよね。

自分を好きになってくれる人がいなかった

恋愛はお互いを想いあってはじめて成立します。

だから自分を好きになってくれる人が現れないと恋愛経験はできません。

では本当に誰からも好かれることのない人なんて存在するのでしょうか?

takumi

世の中には「なんでこの人が誰かと恋愛や結婚ができたんだろう」みたいな人も正直たくさんいます。

それは裏返せばどんな人であっても必ずその人のことを好きになる人がいるということだと思うのです。

誰かに好きになってもらう可能性を高めるには多くの人に自分のことを知ってもらうしかありません。

どれだけの美女であったとしても、誰の目にも触れなければモテることはあり得ないのです。

takumi

「自分は誰からも好かれない」という発想を捨てることが誰かに好かれるための第一歩なんですよね。

恋愛経験が多いとはどういうことなのか

そもそも恋愛経験が豊富ってどういうことなのでしょうか?

  • 多くの人にウケる人を目指す
  • 人を好きになるハードルを下げる
  • 自分の時間より誰かといる時間を優先する

いろいろな人と恋愛ができるというのはつまりこのような傾向にある人だと思います。

恋愛って簡単にいえば赤の他人である異性に好かれることが大前提。そのうえで自分もその人を好きになる。

そして恋人といる時間をきちんと作る。

これができなければ恋愛って経験することが叶わないんですね。

takumi

元からモテる要素を持つ一部の人以外が恋愛経験を豊富に積んでいくためには多くの人に好かれるようなメイクやファッションを研究すること必要かもしれません。ある種のマーケティングですよね。

そして恋愛経験がない・・・と悩む人が目指すべきってこういうところじゃないと思うんです。

たしかに早く恋愛を楽しみたいけど、不特定多数の人にモテたり関係を持った人を増やすことが恋愛経験じゃありません。

それよりも自分が居心地よくいられる人と出会ってたったひとつでも素敵な恋愛を楽しむ。

takumi

そういった経験の積み重ねがあなたの恋愛経験値を確実に高めていくんですよね。

カジュアルな恋愛とフォーマルな恋愛どちらを経験したいのか

恋愛経験の少ないことに悩む方の話を聞いていると思うことがあります。

それは「恋愛経験が少ない。早く恋愛を経験したい!」と望んでいる割には、現実では恋愛に対して必要以上に構えてしまっているということです。

まわりの恋愛経験豊富な人達は誰かと付き合う時にそんなに真剣にその人を恋焦がれているわけではなかったりします。

恋愛経験がないと恋愛経験のある人たちの話がどれも煌びやかで羨ましいものに感じるかもしれません。

けれど、社会で生きていて周りから聞こえてくる恋愛経験とか恋愛セオリーとか、そんなものは結局のところ「なんとなく付き合ってみた」結果でもあります。

takumi

すべての人が意識の高い人たちが語るような美しく隙のない恋愛をしているわけではないんですよね。

もちろんだからといって適当な人と付き合えという話ではありませんよ。

けれど、それなりに努力しているのになかなか恋愛ができないと感じるようなら「恋愛というものはそんなにフォーマルにするものではない」と考えるのもアリではないでしょうか?

takumi

あまり真剣に恋愛を捉えすぎても「恋愛を経験したい」という気持ちと矛盾していることになりますよね。

もちろん一世一代の運命の出会いを求めて不要な恋愛をしない、という選択もアリだとは思います。

要は何を大切に思うのか、と言うことなのではないでしょうか?

takumi

いつ訪れるかわからない運命の出会いを望みつつ、恋愛経験がないことに焦る…という状態は一番不幸なのかもしれませんね。

恋愛経験少ないことがコンプレックスの女性に知っておいて欲しいことのまとめ

恋愛経験は多ければいいというわけではありません。

けれど「恋愛の経験がしたい」と望むのであれば一度自分の恋愛に対する価値観を見直してみる必要があるかもしれません。

どうして今まで恋愛ができなかったのか?

自分はどんな恋愛をしたいと思っていて、それは実現可能なことなのか?

takumi

あまりにも理想が過ぎた恋愛を夢見ていても恋愛を現実のものとして経験するのは難しいのかもしれませんよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA