出会いの最短距離を作る『Dine』をレビュー!

「今度飲みに行きましょう」どう捉えて返事をすべきかバーテンダーが解説

今度飲みに行きしまょう

こんにちは。バーテンダーのtakumiです。

一緒に飲みに行くという行為はコミュニケーションをとるうえでまだまだ有効な手段です。

少し親しくなった間柄で、または既に何度か会ったことのある人と会話の流れで「今度飲みに行きましょう!」「また飲みに行きましょう!」と言われることは少なくないと思います。

会社の人や趣味仲間などから言われた場合は気軽に対応できるセリフですが、気になっている異性から言われた場合はどうでしょう?

「私に気があるのかな?」と思う一方で「冗談半分で誘われるのかも」と思う気持ちもでてくるかも。

女性のお客様

そこで本記事では仕事柄「今度飲みに行きましょう!」「また飲みに行きましょう!」と言われることも多く、また目の前でそうしたやり取りを目撃する機会も多い筆者が、このセリフに隠された意図と適切な返事の仕方について考えてみます。

takumi

「飲みに行きましょう」と言われて悩んだり迷ったりしている人はぜひチェックしてみてください。また、自分自身が誰かにこのセリフを使おうとしている場合も事前に相手がどういう気持ちになるのかを想像してみるといいかも。

「今度飲みに行きましょう」と誘う側の心理には深い意味がないことも多い

仕事でもプライベートでも、ちょっと話の弾んだ異性と「今度飲みに行きましょうよ!」と軽い感じで声を掛けられることは少なくないと思います。

takumi

男女問わずあると思いますが、声をかけてもらうという意味では女性の方が多いかもしれませんね。

これって受け取り方によっては「食事に誘われている」「デートに誘われている」と捉えることもできますよね。

とはいえ誘い方が曖昧なので無下に断ることも難しく、かといって期待を持って誘いに応じてもそういうつもりじゃなかったらなんか嫌だし・・・。

takumi

よくあるシチュエーションですよね。僕もお客様からよくこういった感じで誘われます。

まず端的にいって「今度飲みに行きましょう」というセリフは社交辞令としてもデートの誘い文句としても使われるので、それだけで相手の気持ちを判断するのは難しいでしょう。

それ自体に深い意味がある、ということはないと思いますからあまり深く思いつめずにいて大丈夫です。

ただ大前提として あなたに全く興味がないのであれば飲みに誘うことはありません

takumi

それが複数であっても2人きりであってもです。逆にいくら社交辞令でも興味のない人を冗談でも「飲みに行きましょう」って誘いませんよね?

異性としてかどうかは置いておいても、少なくとも人としてもう少し話してみたいと思っているから「飲みに行こう」という話になってるわけです。

ですからあなたが相手に気があるのであれば、積極的に誘いに乗ってアプローチできれば関係が発展する可能性は十分にあり得ます

こちらの気持ちにもよりますが、基本的にはポジティブな意味に捉えていきましょう

さらに「飲みに行きましょう」の誘い方には「今度飲みに行きましょう」意外にも次のような微妙に異なるニュアンスの誘い方も。

takumi

この場合はまた意味合いが違ってくることも考えられるので、誘われるシチュエーションやセリフ回しにも注目して相手の心理を読み解きたいですね。

2回目以降の「また飲みに行きましょう」には注目しよう

「今度飲み行きましょう」に対して「また飲みに行きましょう」の場合は文脈に注目したいところ。

takumi

「また飲みに行きましょう」の「また」が「今度」と同じニュアンスで使われている場合は気にしなくて大丈夫です。

もしこの「また」がすでに1度飲みに行っていて”もう1回飲みに行けるといいですね”だった場合は次の機会につなげる意味合いを含んでいる可能性が高いです。

なぜなら1度目の飲みであまり楽しくなかったらよほどの社交辞令でない限りわざわざ「また行きましょう」とは言わないから。

仕事で取引先の人に接待しているならまだしも、プライベートの飲み会では興味のない人には使わないわよね。

女性のお客様

必ずしも恋愛的な意味合いを持っているかは置いておくとしても、もう一度飲みに行けるチャンスはあると思います。

takumi

仮に1度目の飲みが2人きりじゃなかったのであれば、今度は2人きりで・・・と段階を踏むチャンスでもありますよね。

飲み屋で働いていると「また飲みに行きましょう」と声をかけているシーンはよく見ます。

いずれの場合もその飲み会自体が盛り上がっているケースで使われており、このセリフを言っている人はその時間を楽しいと感じているように見受けられますね。

takumi

「飲みに行きましょう」の前後の文脈など、ぜひ言い回しに注目してみましょう。ヒントが隠されているかもしれません。

「落ち着いたら飲みに行こう」はこちらから攻めないと次はない?

逆に望みが薄そうだなと感じるのは「落ち着いたら飲みに行こう」「機会があったら飲みに行きましょう」という言い回し。

これ、じつは筆者がお客様からの飲みの誘いを断るのによく使うんです(お相手が男女問わず)。

takumi

やはり面と向かって断るのは申し訳ないので、曖昧に伝えて具体的な計画は立てないという断り文句なんですよね。

もっといえば少し仲良くなったお客さんに筆者の方からこのセリフを社交辞令でいうこともあります。

その心理としては「『一緒に飲みに行けるくらい気は許してますよ。常連さんとしてみなしていますよ。』という意思表示はしつつ、じっさいのところ今すぐにこちらから具体的な案を出すほどでもない」といったところでしょうか。

takumi

「飲みに行こう」というセリフを交わすことでお客さんとの距離を詰めることができるんです。

これはあくまで接客術としてのトークですが、おそらく無意識のうちに日常会話で使っている人も多いと思います。

じっさいは今すぐ飲みに行くつもりはないけど、親密になれる可能性も残した言い回し・・・といったところでしょうか。

決して嫌われているわけではないと思うけど少なくとも異性として意識していたらこのようなまどろっこしい言い回しはしない気がするね。

女性のお客様

「飲みに行きましょう」にはどう返事をすべきなのか

ではじっさいに「飲みに行きましょう」と言われたときにはどう返事をすべきなのでしょうか?

この答えを考える前にまずあなたのスタンスを定める必要があります。

あなたの気持ちは?

  1. 飲みに行って親密になりたい
  2. どちらかといえば飲みに行ってみたい
  3. 飲みに行きたくない

まず3の場合は悩む必要はありませんのでしっかり断りましょう。

面と向かって断りづらいのであれば筆者もよく使う「機会があったらぜひ」を使ってみてください。

その際に「最近結構忙しくて・・・時間が出来たらこちらから連絡しますね」というような文言を加えるとよりうまくはぐらかせます。

takumi

中途半端に誘いに乗ってしまうと相手に期待させる結果にもなりかねません。もちろんお友達として仲良くなりたいなら別なのでケースバイケースではありますがね。

題は1か2のパターンです。

もっと相手と親密になりたいと考えている場合よね。

女性のお客様

よくあるのが相手から「飲みに行きましょう」と声をかけてくれたのはいいものの、全然具体的な話をしてくれないパターン。

takumi

やり取りのなかでノリで「飲みに行こう」というセリフを使われることはよくあります。

しかし、全くその気がない人に対して積極的にこの言葉を使うことはあまりないわけですから親密になりたいのであればこのチャンスを逃してはいけないわけです。

そこでもし気になっているお相手から「飲みに行きましょう」と言われたらその場ですぐに「いいですね。いつにしましょうか?」と具体的な日取りを決めにかかりましょう。

takumi

お店で観察していても、恋愛上手な方って行動に移すのが早くてこういう場合はすぐに手帳を開いてスケジュールを詰め始めるんです。ちょっとしたチャンスをモノにしてしまうんですよね。

この時点で相手が社交辞令で「飲みに行こう」と言っているのであれば日程をぼかしたり、返事を先延ばしにするような回答をしてくるはず。

じっさいに筆者も社交辞令で「飲みに行こう」という話をした人から具体的に話を詰められた時は「今はちょっと予定が立たなくて・・・」とはぐらかします。

逆に本心から飲みに行きたいと思っていれば行くお店や時期など、具体的な提案をしてくれるでしょう。

takumi

相手の「飲みに行きましょう」に対してこちらは「乗り気だよ」ということを示すにはすぐに行動に移すのが一番ですし、逆にそれ以外の曖昧な返事は相手に気持ちが伝わりに行くと思いますよ!

「また飲みに行きましょう」と言われてアクションがない・・・

一度一緒に飲みに行って手ごたえの感じた相手から「また飲みに行こうね」と言われたのに待っても次のお誘いが来ない・・・。

takumi

そんな悩みを抱えている方も多いですよね。
あー、これは私も経験があるわ。

女性のお客様

まず冷静に分析するとお相手の方が連絡をくれないのには2パターンの理由が考えられます。

  1. 次も誘いたいけどがっついているように思われたくないから様子を見てる
  2. 無理に2度目を誘うほどハマらなかった

1と2ではだいぶ意味合いが違ってきますが、残念ながら本人的には手ごたえのあったシチュエーションで1か2かを確定するのは難しいですよね。

takumi

そこで考え方を転換させてみましょう。

1のパターンなら待っていればいつか向こうから誘ってくるかもしれませんが、こちらから強めに誘っても必ず喜ばれます

2の場合は放っておいても2度目はないですが、こちらから強めに行ったらもしかしたら応じてくれるかもしれません

つまりこのシチュエーションでも「前言ってたようにまた飲みに行きたいです!いつがいいですかね?」と強めに話を振った方がいいわけです。

takumi

どうしても自分からぐいぐい行くのが嫌なのであれば難しいですが、煮え切らない状況を打開するには積極性を発揮するしかないでしょうね。

あなたが男性の場合ならもちろん、女性の場合でも待ち続けるだけでは事態は好転しません。

社交辞令かもしれないとはいえ「また行こう」と言われている事実はあるわけですから、臆せずぜひ自分から仕掛けてみましょう。

「今度飲みに行きましょう」どう捉えて返事をすべきのまとめ

「今度飲みに行きましょう」という誘いをされた時、その言葉をどのように受け取り、どのように返事をすべきか考えてきました。

整理してみましょう。

「今度飲みに行こう」と言われたら?

  1. 誘った側の心理を言い回しやシチュエーションから分析する
  2. そもそもあなたはお相手をどう思っているのか考える
  3. その誘いをモノにしたいなら臆せず自分からもアクションを起こす

筆者も安易に「今度飲みに行こう」というセリフを使う人間なのでわかりますが、このセリフには必ずしも深い意味がないケースも多いです。

ただひとつ言えるのは、全く興味もなく一緒にいたくない人にこのセリフは基本的に使いません。

takumi

冗談半分で言って実際に実現するのは難しいだろうな・・・と思っている場合でも相手から強いアプローチがあれば実現しようとは思っていますしね。

もしも仲良くなりたい人から「飲みに行こう」と言われたら、ぜひそのチャンスを逃さないようにしたいですね。

あなたのための素敵な出会いを探す!

  • 会員数最大のマッチングアプリサービス
  • 女性は無料で利用可能!
  • コミュニティ機能で自分と趣味のあう人を探せる
  • 遊びじゃなく真剣交際したい人が多い
  • 現在もっとも人気が高く信頼度の高いマッチングサービス
  • じっさいに結ばれた人が多数!


\ ものすごく丁寧に解説してみました! /

マッチングアプリ「ペアーズ」を徹底解説した記事はコチラ



あわせて読みたい記事はコチラ

奢らない男 奢らない男はありえない?割り勘男をどう評価すべきか お酒を飲めない人とのデート お酒を飲めない人とデートするなら?その心理やお店選びについて解説 バーやレストランに行くときの服装についてバーテンダーが教えます 食事に誘う 男性が女性を食事に誘うのはなぜ?下心を見抜く方法を伝授! 女性から飲みに誘うのってあり?誘われた男性の心理に迫る!【バーテンダーが回答】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA