出会いの最短距離を作る『Dine』をレビュー!

旦那が相手にしてくれない…その心理はどこにあるのか男性に聞きました

構ってくれない

こんにちは。バーテンダーのtakumiです。

お店にくる女性の既婚者の方がたまにおっしゃっている悩みに 「旦那が相手をしてくれなくて寂しい」というものがあります。

この悩みを抱えている女性は話を聞いていくと、かなり深刻にこの問題をとらえています

旦那から愛されていないのではという不安はもちろん、女性としての自分を失ってしまうような…そんな恐怖心も持ち合わせているんですね。

本記事では「パートナーに構ってあげられていない」という男性のお話も織り交ぜつつ、どうして旦那はあなたを相手にしてくれないのか。

そんなことをテーマにしてお話していきたいと思います。

相手にしてくれない旦那


旦那が構ってくれなくて寂しい、つらい想いをしている女性は少なくありません。

意外にかまってくれない旦那たち

期待に胸をつのらせて始めた結婚生活。

多くの場合は2人の時間が長くなると思うはず。

しかし現実はそうもいかないものです。

仕事で帰ってくるのが遅い、デートの回数が減った、ひとりの時間を大切にしていて会話が少ない・・・。

これじゃなんのために一緒に住んでいるの!と思う新婚さんも多いそうです。

女性ゲスト

一緒に暮らしたらもっと毎日ラブラブなのかと思ってた時期もあったわ・・・。

そもそも男性は女性と比べると必要最低限の会話しかしたがりません。

takumi

結論があって話すべきテーマがある時は話をしても、何気ない日常会話苦手なんですよね。

別々に暮らしていてデートの時にたまに会うくらいなら違和感のなかった会話も、一緒に住むとなるとリズムが合わないというのはよくあることです。

また結婚しても趣味の優先順位が高い傾向にあるのも男性の特徴

飲みに行ったり、ゲームをしたり、友達と出かけたり・・・むしろ奥さんは常にいるにいるからこそ、こうした非日常的な刺激を求めてしまうようです。

takumi

既婚のお客様に聞いても、仕事が終わってまっすぐに家に帰るのがしんどい。一呼吸いれてから帰りたいと考えて飲みに来てくださる方は多いんですよ。

セックスレスにおちいる夫婦たち

こうした問題は最終的にセックスレスと結びついていくことも多いです。

takumi

構ってくれない・・・と悩む女性は結果的にセックスレスにおちいっている方がほとんど。

関係が冷めてしまっているせいでレスになっている夫婦もあれば、仲は良いのにセックスはしないという夫婦も多いのです。

そもそも日本では過半数の夫婦がセックスレスにおちいっているというのが通説。

takumi

調査によってムラはあるものの、6割を超える結果を出すアンケートなどもあるほどです。

旦那が求めて妻が相手にしないというパターンも多いですが、今回のテーマように旦那が構ってくれないというパターンも非常に多い。

デートをしてくれない、日常会話が少ないというのはまだ理解できても、寝る前の時間すら共有できないことに不満を覚える女性は少なくないようです。

女性ゲスト

なんで抱いてくれないの?そんなに魅力ない?って自信がなくなっちゃいそう・・・。

旦那が相手にしてくれない理由


ではどうして旦那は奥さんを相手にしなくなってしまうのでしょうか。

子供がいると男女の関係ではなくなる

子供ができると夫婦の仲が男女のそれとは異なり家族に切り替わっていく。

だから恋人関係の時のように接するのは難しいという意見は少なくありません。

デートにしろセックスにしろ子供がいては気を遣ってできないことも多いですし、そうやって「しないことが当たり前」になるに従ってそういった感情もわかなくなる

takumi

これは人によっては男性側だけでなく女性側も感じることがあることなのでは?

特に男性は家族として認識する妻とセックスすることに背徳感を覚える人もいるようです。

男性ゲスト

家族だという想いが強すぎて性の対象としてみれなくなってしまうんですよね・・・。

仕事が忙しくて余裕がない

家族を養うために一生懸命働いているという男性も少なくないと思います。

しかし体力は30代から下降していく一方ですし、なかなか身体がいう事を聞かなくなっていく・・・というのが現実です。

たまの休みのくらいはゆっくりしたい、できれば身体を動かしたくない・・・そんなふうに考えてしまう男性も多いです。

男性ゲスト

かまってあげられなくて申し訳ないなとは思うんだけど、とにかく余裕がないんだよね・・・。

また、仕事関係でいうと最近では共働き家庭も多いため、そもそも奥さんとのコミュニケーション時間を確保するのが難しいという現実もあるようです。

関係がマンネリ化している

長い間一緒に生活することで関係がマンネリ化してしまい、感情が高ぶらないという男性は少なくありません。

takumi

女性側にもこういう想いがある方はいらしゃいますよね。

セックスに関しても毎回同じで刺激が少なく興奮しなくなってくる人が実は多いのです。

同じようなセックスを続けているとそれ自体が作業のようになり、しだいに疲れるだけだからやりたくない・・・という想いが男性側に出てくることもあるんですね。

男性ゲスト

妻は反応もいつも同じだし正直そんなに楽しそうにしていると思えないから、無理してしなくてもいいかなって思っちゃう・・・。

セックスにおける感受性は人によって異なるので、つまらなそうにしていも心が満たされていたり、興奮しているように見えてじつあまり満足していないということもあります。

もしもマンネリが原因なら、難しいかもしれませんが女性の方から積極的にいろいろなセックスを提案するようにすると関係性は変わるかもしれません。

takumi

男は単純なので一度昔の興奮を取り戻させてあげれば案外簡単に関係が戻るかもしれませんね。

何歳になっても相手にされたい女性としての妻たち


女性の性欲は年を経るごとに高まっていくという話もあります。

当サイトでも30代の女性が最も性欲が高まるというという記事を書いています。

ただ性欲の高さに関わらず、女性は何歳になっても女性として見られていたいという意識が強いのだと思うのです。

それを端的に満たしてくれるのが自分のためだけにしてくれるデートであったり、セックスであったりするわけです。

女性ゲスト

セックスレスになったりして旦那から相手にされなくなると女としての自信を失うというか・・・本当にやるせない気持ちになっちゃって・・・。

いっぽうで見てきたように男性は人によっては結婚することでパートナーを性の対象として捉えることができなくなる人が一定数います。

takumi

ここにすれ違いが生じてしまうんですね。

こうして持て余してしまった気持ちを発散するために女性は浮気に走ってしまう事も少なくありません。

相模ゴム工業株式会社のアンケートを参照してみましょう。

このアンケートでは「結婚相手・交際相手がいる方に対して『その相手以外にセックスする方はいますか?』」という調査を行っています。

takumi

つまり浮気や不倫をしているか、という質問ですね。

この調査では16.3%の女性がパートナー以外にセックスする相手がいると答えています。

takumi

年齢別にみると30代~40代にかけて浮気率が高くなっていますね。

危険な関係に走ってしまう前に、旦那さんとのコミュニケーションをなんとか復活させていきたいところですね。

愛情表現の形は人によって異なる


いろいろなご夫婦からお話をうかがっていると、パートナーとの関係性を適切に保つというのはすごく難しいことなんだなと思う事があります。

たとえばある女性は休日に買い物に付き合ってくれるだけで満足する。

またある女性は定期的なスキンシップがないと夫婦の関係に不満を感じる。

なかには旦那とのセックスはもう生理的に受け付けないという人もいる。

takumi

これはある程度は男性側にも同じことが言えますよね。

男女が1人ずつの夫婦という環境でお互いの愛情表現の形に満足して、それを維持し続けることって本当に奇跡のようなことなんですよね。

この世の中に果たして男性も女性もお互いに寂しさを感じていない”ちょうどいい関係”の夫婦がどれくらいいるのでしょうか。

愛情表現の形はひとりひとり異なっている、というのは当たり前のことなのに飲みめている人が少ないのかもしれません。

いまの形では満足できていない人がいるから、パートナーに対して寂しさを感じる女性が多いのでしょう。

takumi

これを解決するには、1度パートナーとそれぞれの愛情表現の形について話し合うしかなさそうです。

旦那と話し合う時間を設けよう

たとえば旦那が浮気しているとか、完全にあなたへの愛情を失ってしまっているとなるとその関係の修復は難しいです。

しかしそうではなくて、ただ愛情のコミュニケーションに齟齬が生まれているだけなら、まずは腹を割って話あってみましょう。

結婚してまでそんなことを面と向かって話し合うのも恥ずかしいかもしれません。

しかし結婚しているからこそ、これからすこしでも幸せな生涯を共にするために話し合うべきではないでしょうか。

takumi

「旦那が構ってくれない」と一方的に相手に責任をおしけるだけでなく、まずはお互いの気持ちを確認しあうことがこの問題を解決する糸口になるように感じますね。


こうして旦那に相手にされない寂しさを埋め合わせるために”不倫”という文字が頭をよぎる人も少なくいかもしれません。

そんな時は不倫について書いた下の記事もチェックしておくことをおすすめします。

既婚、子持ち・・・だけどもう一度、恋愛がしたい!この想いどうしてる? 主婦はなぜ不倫する?夫にばれた時の対応とは…【バーテンダーは見た!】 不倫にはルールが必須?経験者が聞いた不倫経験者の掟とは…
刺激のある出会いを探すなら「ハッピーメール」

  • 女性は無料!
  • 女性からアプローチすれば高確率でマッチング
  • 恋人探しから遊びまで幅広く使える
  • ユーザー層が厚くさまざまなタイプに対応
  • 匿名性が高く身バレリスクが低い


\ 詳しく知りたい方はコチラ /

ハッピーメールを徹底解説した記事を読む


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA