バーやレストランに行くときの服装についてバーテンダーが教えます

こんにちは。バーテンダーのtakumiです。

デートで本格的なバーやレストランに行くときに服装に悩んだことのある人は多いのではないでしょうか?

takumi

特に女性より男性に悩む人が多いイメージですね。

飲食店とひとくちにいっても価格帯やお店の雰囲気でなんとなくグレードがありますよね。

もちろんここでいうグレードとは直接お店としてのクオリティを意味するものではありません。

しかし少しグレードの高いおしゃれな雰囲気のお店に行くとなるとある程度のおしゃれをする必要はあるでしょう。

そこで本記事ではバーテンダーである筆者の目線から、すこしだけおしゃれをしていくべきお店での服装について解説します。

バーやレストランでは服装に気を遣うべき?

飲食店の服装に対する考え方はバーとかレストランとか関係なく次のどれかだと思ってください。

  1. まったく気にしなくていい
  2. ルールとして明確化していないが最低限の服装できて欲しい
  3. ドレスコードが決まっている

結論からいってほとんどの飲食店は2の考え方です。

takumi

定食屋さんのように工事現場の方がつなぎで訪れるようなお店もありますので1の考え方のお店も一定数はありますよ。

飲食店も公共の場、もっといえば他人の家と同じです。

あまりにも汚い服装で訪れるのは常識が疑われても仕方のないことです。

ではここでいう「最低限の服装」とはどんな服装なのか?

ここは人によって考え方が異なるので難しいところですが、バーテンダーをしている身から言わせてもらうと答えは次の通り。

初めてのデートで着ていくのに恥ずかしくない服装

おしゃれの感性は人によって異なりますから、はじめてのデートにジャージでいけるのであればそれはそれでいいと思います。

takumi

ここで言いたいのは、気合のはいったデートに着ていく服装で行けばほとんどのバーやレストランで浮くことはないだろうということです。

この基本をおさえたうえで、ここから先はもう少し踏み込んでドレスコードについて考えてみましょう。

レストランやバーのドレスコード

いまやサラリーマンといえどスーツが当たり前とは言い切れなくなってきた時代。

服装に関してはどのようなシチュエーションにおいても自由度があがって「このような場ではこうしなければならない」という常識は薄れつつあるように思います。

そんななかで、ドレスコードを設けるような飲食店には堅苦しい印象を持つ人も増えているかもしれません。

takumi

そもそもドレスコードとはどんなルールなのでしょうか?

ドレスコードとは?

おしゃれな飲食でたまに聞くドレスコード。

お店によって異なりますが、これは「入店するにあたってこのような服装をしてきてください」というルールのことです。

さすがにガチガチに固めたフォーマルな格好でないと入店できないお店はそう多くはありません。

しかしレストランやバー、ホテル系のおしゃれなお店ではTシャツ、半ズボン、サンダルあたりの服装を禁止しているお店は少なくないんですよ。

ドレスコードってなんのためにあるの?

このドレスコードはそもそもなんのためにあるの?

服装に疎い男性

takumi

一言でいえばお店の雰囲気、特別感を保つためにあるといえるでしょう。

レストランやバー、ホテルといったドレスコードがあるようなお店はただ単に飲食する事だけを目的としているワケではありません。

その空間そのものの特別感、非日常の体験を商品のひとつとして提供しています。

takumi

しかし飲食店は公共の場でもあります。

一組だけを完全予約制で接客できるならまだしも、何組かを同時に同じ店内でサービスしなければならない場合はその場にいるすべてのお客さんにも雰囲気の演出に協力してもらう必要がでてきます。

このようなお店はいわばスタッフとお客さんの両方が特別な空間を演出する舞台の出演者のような状態です。

大きな声で騒いだり、酔っぱらって暴れたりは論外。

たしかにバーやレストランって味だけでなく雰囲気を楽しむ的なところはあるよね。

服装に疎い男性

それに加えて服装ひとつとっても、あまりにラフな格好の人がいるとせっかくおしゃれをしている人が逆に浮いてしまう可能性も出てきてしまいます。

takumi

こうしたミスマッチが起きないためにもドレスコードは大切な役割を果たしているんですよ。
MEMO
たとえば自分が彼女にプロポーズをしようと選んでお店で隣に座っている人がジャージだったら雰囲気がぶち壊しですよね。

これは極端な例ですが、レストランやバーという場所はこういう非日常的な演出がいつ何時行われてもおかしくありません。

自分がお客さんで行くときもぜひそうした演出にいつでも参加できるような最低限の服装はしていくべきでしょう。

ドレスコードはホームページや電話で確認

行きたいお店にドレスコードがあるかないかってどうやって知るの?

服装に疎い男性

初めてのお店に行くときにドレスコードに迷ったらお店のホームページなどを確認してみましょう。

厳密なドレスコードのあるお店なら今の時代ホームページに記載があるほか、予約時に電話でその旨を伝えられるはずです。

takumi

心配であれば事前に電話やメールで確認しておくと良いでしょう。

しかし仮にドレスコードがなくても、飲食店へ行くというのは他人の家に行くのと意味合いは変わりません。

仲のいい友達というよりは 先輩や上司に招かられているくらいの気持ちで服装は選ぶべきでしょう。

takumi

飲食店はあなたの家ではありません。あまり親しくない他人の家にお呼ばれした時にジャージで行く人はどう考えても非常識ですよね?バーやレストランに限らず飲食店に行くときはそうした意識を持つことが大切だと思います。

レストランやバーのドレスコードにはどんな種類がある?

ドレスコードの種類についても確認しておきましょう。

ドレスコードは「フォーマル」「セミフォーマル」「インフォーマル」「カジュアルエレガンス」「スマートカジュアル」などにわけられます。

takumi

フォーマルやセミフォーマルが求められることはよほど結婚式や特別な会食などでない限りはあまりありません。

日本ではほぼすべてのお店がインフォーマルくらいまでの服装で問題なく入店できます。

ただ「インフォーマル」「カジュアルエレガンス」「スマートカジュアル」あたりは明確な定義もありません。

結局のところお店の雰囲気にあわせてということになるわけです。

例を挙げれば女性であればキレイめなワンピーススタイル男性であればジャケットスタイルや襟つきのシャツを着ていけば間違いはありません。

takumi

身近な例で例えればオフィスカジュアルくらいがラインだと思っておくとイメージしやすいかもしれません。

Tシャツ、半ズボン、サンダルのような軽装は禁止しているレストランやバーも多いです。

明示していなくてもラフ過ぎる格好でいくと店員さんや周りのお客さんに白い目で見られることもあるかもしれません。

takumi

めんどくさいなと思わず周りの雰囲気にあわせて楽しむのもバーやレストランの楽しみ方のひとつです。

仕事帰りにちょっと寄っていく・・・というようなシチュエーションならスーツやオフィスルックのまま伺ってもいいでしょう。

そのさいはあまりに気崩した状態にならないようにしたいもの。

takumi

スーツスタイルの方で仕事終わりだからと言ってネクタイをだらしくなくゆるめていたりするとカッコ悪くうつったりもします。

出来れば会社にいるのと同じような恰好のほうがスマートでしょう。

せっかくレストランやバーに行くならおしゃれな服装で行こう

飲食店に行くのにわざわざ服装を気にしていくのはめんどうくさいな。

服装に疎い男性

その気持ち、よくわかります。

特に日頃からあまり服装を意識する必要のない人だとなおさらかもしれません。

takumi

でも逆に考えてみることはできないでしょうか。

ふだんそんなにピシっとした格好や小奇麗な服装をする必要のない人こそ、そんな場面だからこそ堂々と恥ずかしくなくおしゃれができるんじゃないでしょうか?

筆者は仕事以外であまりカッチリとした服装をする機会がないです。

でもせっかく素敵なお店に行くときくらいはドレスコードを明示していないお店であっても、普段この服装していたら浮くだろうなというくらいピシっと決めてお店へ伺うことも多いです。

takumi

いざお店へ入ってみると、周りのお客さんもみんなキレイな格好をしていますから、これがピタッとハマります。

この瞬間がまた快感でもあるんですよね。

日本は特にプライベートで服装を意識する場面が少ないと思うので、より特別感を得られるのではないでしょうか。

もしおしゃれなレストランやバーに行くときに服装に迷ったら、せっかくだから精一杯おしゃれをしてみましょう。

なかなか着る機会がなくて持て余している服があるなら活躍させてあげましょう。

たしかにレストランやバーでピシっと着こなしている人はできる人に見えるもんなぁ。

服装に疎い男性

服装がキッチリしている人はお店の方から印象も良いですし、場慣れしている雰囲気がでるのでハッタリにもおすすめです。

よくはじめてのお客さんは服装を見て接客を決めるというような話がありますが、これは本当なんですよ。

takumi

僕らも神様じゃないのではじめてのお客さんの本質をぱっと見て見極めのは不可能です。そんな時に判断材料として重要になるもののひとつが服装なんですね。

テンションもあがりますし、きっとより一層素敵な時間が過ごせること間違いなしですね。

バーやレストランに行くときの服装のまとめ

レストランやバーなど、ちょっと特別なお店に行くときはぜひおしゃれを意識してみてください。

もちろん周りのお客さんに迷惑をかけなければ大抵の場合はカジュアルな格好でも構いません。

しかしドレスコードの有無に関係なくキレイな服装で出掛けることでお店に滞在している時間により価値をつけられるハズです。

要は心構えと楽しみ方の問題だと覚えておきましょう。

takumi

もちろんドレスコードが明示されている場合はしっかり守りましょう。

お店によって推奨すべき服装も違うでしょうから、もしも「このお店にはどんな服装でいくべき?」という疑問があったらお問い合せまでお気軽にごしつもんくTwitterのDMやお問い合せまでお気軽にご質問ください。

おしゃれなお店でデートができるアプリ「Dien」

  • 女性は基本無料!
  • 100回のメッセージより1回のデートを重視するアプリ
  • 圧倒的に美男美女が多い
  • 恋活から飲み友探しまで使える
  • じっさいに素敵な人とマッチングした人多数!


\ ものすごく丁寧に解説してみました! /

「Dine」を徹底解説した記事はコチラ



あわせて読みたい記事はコチラ

女性から飲みに誘うのってあり?誘われた男性の心理に迫る!【バーテンダーが回答】 デートしたいけど相手がいない人必見!実現・成功させるための手順を徹底解説 彼女とのデート代がきつい、そんな男性におくる切り抜け方 お酒を飲めない人とのデート お酒を飲めない人とデートするなら?その心理やお店選びについて解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA